広島大学附属福山中・高等学校の教育実習支援システム 

中・高等学校教育実習T 生徒指導実習

 

◇ 生徒指導実習の目標

学校生活の概要を理解する

生徒指導・学級指導の方法を学ぶ

 生徒指導と教科指導の関わりを学ぶ

 個々の生徒について多面的に認識することの必要性と方法を学ぶ

 

   ◇ HR配属

    教科担当とは別に1〜5年の各HRに配属し、HRTが指導を担当する。

 

◇ 提出物

 「生徒指導観察・参加実習ノート」 中・高等学校教育実習T受講者 全員

 

◇ 生徒指導実習の日程

○毎日               SHR(8:458:55)の観察

○月・木曜日放課後    掃除の観察

○第1週(木)       ・配属クラスの教科の授業の観察

               ・講話@ 生徒指導について    (生徒指導係) 

               ・6時限  配属クラスのLHRの観察

                 ・放課後 (16:0016:30)  HRTの指導

○第2週(木)      ・講話A 学友会活動について (学友会指導係)

                ・講話B 研究開発について (研究部)

                 ・配属クラスの教科の授業の観察

                    ・6時限  配属クラスのLHRの授業実習

                   ・放課後 (16:0016:30)  HRTの指導

(注)

 LHRの授業の展開

@ HRTの話

A 教育実習生のスピーチ

    事前指導時に指定されたテーマに沿って原稿を作成し,HR担任の指導を経てスピーチを行う。

    (中高実習T教育実習生全員が、各配属クラスで行う。)

B 生徒の感想

    生徒に感想を書かせ提出させる。

・ 事後の学習 教育実習生は生徒の感想をもとに反省をまとめる。


 Back